ベビーシッター、たまにはまったり行きましょう


by m13f1rpuuk

菅原良

菅原 良(すがわら りょう、1965年 - )は、教育学者、教育工学者、起業戦略コンサルタント。専門は、教育工学、教育情報学、教育方法学、学習科学、学習環境デザイン、eラーニング設計。eビジネス,ウェブマーケティングコンサルティングの第一人者。講演、雑誌インタビューなど多数。略歴東北大学大学院教育情報学教育部博士課程修了。博士(教育情報学)。2002.4~2009.3 東北学院大学経済学部経済学科2009.4~2010.3 仙台青葉学院短期大学キャリアデザイン学科2010.4~所属学会日本教育工学会教育システム情報学会コンピュータ利用教育協議会パーソナルコンピュータ利用技術学会(理事)著書『eラーニングの発展と企業内教育』、大学教育出版、2005.9:日本に本格的にeラーニングが紹介されたのは2000年前後とされているが、2000年以後の発展過程がよく整理されている。初期のeラーニングを概観したい人にはおすすめ。様々な業種の企業内教育担当者へのインタビューが多数掲載されているところが当時の現実をリアルに物語っていて面白い。『ネットショッピングと消費行動のパラダイム』、大学教育出版、2006.3『eラーニングと学びの理論』(出版予定)訳書R.M.ガニェ(著)、岩崎信(監訳)、鈴木克明(監訳):『インストラクショナルデザインの原理』、北大路書房、2007.9D.チョンシー(著)、辻谷真一郎(翻訳)、菅原良(監訳)、柳澤奈津子(編集) :『企業研修トレーナーのためのインストラクショナルデザイン』、大学教育出版、2008.6S.M.ダウニング(著)、T.M.ハラダイナ(著)、池田央(監訳) :『テスト作成ハンドブック』、教育測定研究所、2008.12『eラーニング構築ハンドブック』(出版予定)※ 部分翻訳を含む。論文2004年菅原良・村木英治「今日のeラーニングにおけるInstructional Design(ID)の理論的再検討」教育情報学研究,第2号,pp.131-1422005年菅原良・村木英治「eラーニングにおけるインストラクショナルデザインの構築とその問題点」パーソナルコンピュータユーザ利用技術協会論文誌,Vol.16,No.1,pp.9-18菅原良・村木英治「企業内教育におけるeラーニングの活用‐人事教育担当者に対するインタビュー調査に基づいて‐」日本教育工学会

<日韓外相会談>日米韓連携強化などで協議(毎日新聞)
虐待防止へ親権一時停止制度など提言(読売新聞)
<地震>福島、茨城などで震度3=午後6時53分(毎日新聞)
「派遣村」元村長の湯浅氏、内閣参与辞任申し入れ(産経新聞)
操縦免許置き忘れで3便遅延=羽田−ソウルの全日空便(時事通信)
[PR]
by m13f1rpuuk | 2010-03-02 04:10