ベビーシッター、たまにはまったり行きましょう


by m13f1rpuuk

女性の仕事後の見た目年齢は5歳増し?(医療介護CBニュース)

 夜の疲れた女性の顔は、朝の顔から5歳老けて見えると思う男性が全体の約4割―。ジョンソン・エンド・ジョンソンが1月13日、こんな調査結果を発表した。同社では、目の下のクマなど「疲れ目」が女性の見た目年齢の上昇に関係しているとして、目のケアの必要性を指摘している。

 調査は昨年12月、インターネット上で実施。20-34歳の男女612人(男性102人、女性510人)から回答を得た。

 それによると、男性にとって初めて会った女性の顔で印象に残るパーツは(複数回答)、「目」が88.2%で最も多く、次いで「髪」54.9%、「肌」31.4%、「くちびる」27.5%、「眉」11.8%、「鼻」9.8%の順だった。
 また、「朝の女性の顔と、夜の女性の疲れた顔では何歳ぐらい違う(老けて見える)と思うか」と聞いたところ、「5歳」が36.3%で最も多く、以下は「3歳」27.5%、「差を感じない/幼く(若く)感じる」13.0%、「4歳」10.8%、「1-2歳」9.8%、「10歳以上」2.0%、「7歳」1.0%だった。
 さらに、女性の顔で疲労感を感じるところについては(複数回答)、「目の下のクマ」55.9%、「荒れた・乾燥した肌」44.1%、「はれぼったいまぶた」26.5%、「充血した目」25.5%、「荒れたくちびる」17.6%などが多かった。

 一方、女性に対して朝と夜の見た目年齢の差について聞いたところ、「1-2歳」が30.2%で最も多く、次いで「3歳」25.1%、「差を感じない/幼く(若く)感じる」20.2%、「5歳」16.5%、「4歳」3.1%、「10歳以上」2.2%、「6歳」2.0%、「7歳」0.8%の順だった。

 同社では、「目に負担をかけない7つの習慣」として、▽パソコンの画面と目の距離を50-70cmに保ち、視線がやや下向きになる位置にモニターを置く▽1時間ごとに10分程度の休憩を取って目を休ませる▽目の渇きを感じたら、10回ほど強くまばたきをするか、目薬を1、2滴差す▽目薬・洗眼液は使い過ぎないように注意する▽小まめに水を飲む▽デスクワーク用の眼鏡やコンタクトレンズは、度数が強過ぎないものにする▽コンタクトレンズは酸素透過性の高いものを使い、目が痛い時や充血した時には外す―を紹介している。


【関連記事】
「包括的眼科検診」の受診、日本は3割以下
日食観察で目に障害、報告13例
国内の視覚障害者数は164万人―日本眼科医会
「ドライアイは病気」対策を呼び掛け
目の定期検査、「アラフォー世代」の受検率9.2%

「河野太郎総裁」なら離党しなかったかも(産経新聞)
ホットラインやっと全国稼働=共通番号で相談受け付け−消費者庁(時事通信)
理科実験中に爆発 豊島区の巣鴨高で11人けが(産経新聞)
iPS細胞の誕生過程撮影=メカニズム解明に前進−作成効率向上へ貢献期待・放医研(時事通信)
後納期間10年に延長=国民年金保険料、法案提出へ−厚労相表明(時事通信)
[PR]
by m13f1rpuuk | 2010-01-20 22:37