ベビーシッター、たまにはまったり行きましょう


by m13f1rpuuk

<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 鳥取県内で男性が相次いで不審死した事件で、鳥取市内の摩尼(まに)川で遺体で見つかった同市の電気工事業円山秀樹さん(当時57歳)について、県警は窃盗容疑などで逮捕した同市の元スナックホステスの女(36)が水死させた疑いが強まったとして、28日に殺人容疑で逮捕する方針を固めた。

 同居の元自動車販売会社員の男(46)(窃盗容疑で逮捕)の関与も調べる。

 捜査関係者らによると、円山さんは昨年10月6日朝、電話で呼び出され、家族に「集金に行く」と告げて車で外出。翌7日昼、同市の摩尼川で遺体で見つかった。

 カーナビの記録から、円山さんは女らのアパート周辺に立ち寄り、摩尼川に行ったことを確認。遺体から検出された睡眠導入剤の成分も、女が持ち歩いていた薬と一致した。こうした状況から、県警は、女が円山さんに薬を飲ませた後、川に連れて行って水死させた可能性が高いと判断した。女と男は、円山さんから購入した家電の代金約142万円の支払いを滞らせており、県警は代金を巡るトラブルがあったとみている。

署の朝礼で告発され、セクハラ警官停職処分(読売新聞)
寺に強盗、200万円奪う 複数の男ら、住職縛る 京都(産経新聞)
<新型インフル>輸入ワクチン、購入希望は1県…初回出荷分(毎日新聞)
小学英語、楽しさ大切に=「無免許」授業に不安も−教研集会(時事通信)
父に暴行、被告に懲役9年=遺体写真審理後、裁判員解任−福岡(時事通信)
[PR]
by m13f1rpuuk | 2010-01-30 20:13
 第23期竜王戦(読売新聞社主催)の対局を寝坊で不戦敗となった郷田真隆九段(38)に対し、日本将棋連盟(米長邦雄会長)の理事会は27日、罰金として竜王戦関連の収入から50万円を返納するよう勧告、指導対局などのファンへの奉仕活動1日を科した。

 郷田九段は勧告に従う。タイトル通算3期のトップ棋士に対する処分は異例。

 不戦敗になったのは今月21日に予定していたランキング1組初戦、森内俊之九段(39)戦。郷田九段は前夜寝付けず、寝過ごして対局時間に間に合わなかった。観戦記は読売新聞に掲載される予定だった。

 米長会長は「最上位の1組での不戦敗はファンの信頼を大きく裏切る行為。今後こうした事態が起きないよう全棋士に注意する」と話している。

千葉女子大生殺人 荻野さんのカード窃盗で再逮捕(産経新聞)
振り込め詐欺 日中混成グループが暗躍 警官名名乗り(毎日新聞)
鳩山首相 参院選後に省庁再編の意向(毎日新聞)
重野幹事長の続投決定=国対委員長は先送り−社民党大会(時事通信)
半日後にがれきから遺体 女性はねた容疑で男逮捕(産経新聞)
[PR]
by m13f1rpuuk | 2010-01-29 11:43
 千葉中央署は23日、千葉市中央区矢作町、千葉県キャリア形成支援室長中村昇一容疑者(52)を建造物等損壊の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、中村容疑者は23日午前1時50分頃、同区富士見のビル2階エレベーターホールで、壁をけって穴を開けた疑い。

 中村容疑者は、ビルに入っているフィリピンパブで1人で酒を飲んでいた。通報で駆けつけた署員に取り押さえられ、「壊したことは間違いないが、何でやったかは自分でもわからない」と供述しているという。

痴漢 愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」(毎日新聞)
ハイチPKOに自衛隊派遣=大地震被害に7000万ドル支援へ−平野官房長官(時事通信)
<小沢幹事長>「包み隠さず申し上げた」 聴取後に会見(毎日新聞)
<不起立教員>「神奈川県教委は氏名収集停止を」 審査会(毎日新聞)
司馬遼太郎さんが愛した森再現、一般開放へ(読売新聞)
[PR]
by m13f1rpuuk | 2010-01-28 09:54
 米軍普天間飛行場の移設受け入れの是非を最大の争点とする沖縄県名護市長選は24日午前7時から投票が始まった。

 投票は午後8時までに締め切られ、即日開票される。同日深夜には大勢が判明する見通し。選挙戦では、移設受け入れに反対する新人の前市教育長・稲嶺進氏(64)(無=民主・共産・社民・国民推薦)と、容認派で自民、公明両党の支援を受けて再選を目指す現職・島袋吉和氏(63)(無)が激しい戦いを繰り広げた。

 稲嶺氏は「新たな基地は造らせない」と明言。地域政党を含めた6党の推薦を受けた。

 島袋氏は街頭演説などで移設問題にはあまり触れず、企業誘致など1期目の実績を強調した。

菅家さん否認「虚偽と思った」=元検事、謝罪はせず−足利事件再審公判・宇都宮地裁(時事通信)
橋下知事 支持率70% 毎日新聞調査(毎日新聞)
藤川優里氏「出馬は?」に笑顔で無言…自民党大会(スポーツ報知)
参院選への影響を懸念=小沢氏団体の事件で−古賀連合会長(時事通信)
介護従事者の給与、9000円上昇=09年度報酬改定で実態調査−厚労省(時事通信)
[PR]
by m13f1rpuuk | 2010-01-26 14:32
 平野博文官房長官は19日の記者会見で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入事件で、東京地検の捜査を批判する民主党議員の会合に政務官らが参加したことについて「あたかも政府も一体になってということになるなら不適当だ」と述べた。その上で平野氏は会合は「同期会」だったとの認識を示し、「捜査に影響を及ぼすことはないと思う」と語った。

 会合は同法違反で逮捕された石川知裕容疑者(36)と同じ2回生議員が呼びかけ、総務省の小川淳也、階猛、財務省の大串博志、農水省の佐々木隆博の4政務官と逢坂誠二首相補佐官が参加した。

【関連記事】
小沢事件で「検察批判」の政務官らを追及へ 自民
「品性に欠ける」民主検察批判チームに自民大島氏
「反小沢」マグマ蓄積 世論調査に民主は動揺
首相の「検察批判」 不適切であり撤回求める
小沢氏問題で民主に「暗闘の予兆」 世論調査結果に動揺

<霊感治療>代金「不当」と提訴 名古屋の女性(毎日新聞)
ネット掲示板に男児裸画像=容疑で専門学校生逮捕−警視庁(時事通信)
加湿器発火4件、6万台リコールへ(読売新聞)
ハイチに見舞5万ドル 東京都(産経新聞)
加湿器 中国製で発火事故4件 輸入元が6万台リコール(毎日新聞)
[PR]
by m13f1rpuuk | 2010-01-25 16:41
 ■木村八段…前回の雪辱 渡辺竜王…2冠目狙う

 羽生善治棋聖(名人・王座・王将)への挑戦権を争う産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第81期棋聖戦」本戦(決勝トーナメント)の組み合わせが22日、決まった。連続挑戦で初タイトル獲得を狙う木村一基八段、何としても2冠目がほしい渡辺明竜王らそうそうたる陣容だ。

 本戦は、前期までは2勝勝ち抜けの変則リーグだった最終予選を今期からなくし、2次予選から本戦直結に変わった。参加人数も、前期までの8人から16人に増やし、持ち時間も五番勝負と同じ各4時間に変更された。

 16人の内訳は、シード8人、2次勝ち上がり8人。シードは、前期挑戦者の木村八段、挑戦者決定戦まで勝ち進んだ稲葉陽四段、前期4強の谷川浩司九段、久保利明棋王。さらにタイトル保持者の渡辺竜王と深浦康市王位、永世棋聖有資格者の佐藤康光九段、それに過去の棋聖戦の活躍実績から郷田真隆九段がシードされた。

 一方、2次予選を勝ちあがったのは、小林裕士六段、佐藤天彦五段、鈴木大介八段、加藤一二三九段、遠山雄亮四段、屋敷伸之九段、藤井猛九段、阿部隆八段。小林六段と佐藤五段、遠山四段の3人は1次予選から勝ち上がってきた。また、加藤九段はこの元日に70歳になったが、将棋に対する情熱はますます熱く燃えている。

 本戦1回戦はシード組対予選勝ち上がり組の対戦とされた。挑戦者決定戦は4月下旬の予定。

【関連記事】
渡辺永世竜王、棋力偽る?
前代未聞!将棋の女流王位戦で反則負け
谷川九段らに「酒サムライ」称号授与
“棋士のまち”加古川で20年ぶり「将棋の日」
将棋の竜王戦 渡辺がすんなり6連覇

政府・民主に衝撃「捜査見守る」=社民幹事長「誠に遺憾」(時事通信)
看護師の業務範囲拡大の要件で議論(医療介護CBニュース)
<訃報>山崎春之さん83歳=元駿河台学園理事長(毎日新聞)
11都府県が接種開始=新型ワクチン、健康成人に−厚労省(時事通信)
総選挙、公正に実施=ミャンマー外相(時事通信)
[PR]
by m13f1rpuuk | 2010-01-24 00:32
 東京都は15日、失業者支援のため開設している「公設派遣村」(大田区)の入所者に対する生活相談を終了した。都によると、登録している入所者562人のうち、所在不明になっているのは111人だった。

 残りの451人のうち443人は同日までに、交通費や昼食代として都から支給された2万円を清算した。使った金額の平均は1万8657円。都は派遣村を18日に閉所する。

【関連ニュース】
石原知事:派遣村「あの程度の行事」 入所者「甘えた話」
東京都公設派遣村:宿泊者、想定枠の500人上回る
公設派遣村:「200人所在不明」に反論 市民団体
公設派遣村:201人戻らず 2万円受け取り後
公設派遣村:再始動…都、想定外の支援 市民団体が後押し

新型ワクチン余る公算、解約交渉も検討−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
息子名義の口座に現金入金=滋賀県幹部の収賄事件−県警(時事通信)
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」(産経新聞)
高校卒業者の進学率 6年連続で過去最高(産経新聞)
地球生きもの委員会設立へ(産経新聞)
[PR]
by m13f1rpuuk | 2010-01-23 06:10
 若者の半数近くが高校卒業までの間に喫煙を経験−。こんな実態が製薬会社「ファイザー」の調査で分かった。昨年10月、20代の喫煙者1千人を対象にインターネットで調査した。

 調査結果によると、最初に喫煙を経験した時期は「高校生」25.8%、「中学生」16.1%、「小学生」4%で、高卒までで計45.9%を占めた。喫煙のきっかけは「友達の勧め」が50.9%と最多で、「ストレス解消になると思った」30.2%、「かっこいい」23.5%、「親が吸っていた」18.4%など。

 一方、52%が「吸って後悔したことがある」と回答。特にニコチン依存症(697人)では63.8%に上った。「自分の子供は喫煙しないでほしい」と考える人は63.5%だった。

 「どんなきっかけがあれば禁煙するか」では、「たばこの価格が上がったら」が54.5%と過半数。「自分や妻、恋人が妊娠したら」47.9%、「健康を損ねたら」41.4%−などだった。

【関連記事】
喫煙への執着心 1500円でも“肉食系”は高め
タバコで毒物、脳梗塞…「私のようにならないで」
酸素吸引中に喫煙し火災…6年で26人死亡、厚労省が注意喚起
肺がん死リスク8倍…喫煙は「棺桶の釘」
たばこ1箱400円…やめますか?

温暖化対策 気象キャスター18人が呼び掛け(毎日新聞)
神社撤去 最高裁、過去の基準は「目的効果」(産経新聞)
行方不明の住職、食品万引き=現行犯逮捕「金使い果たした」−福島(時事通信)
免許条件の眼鏡掛けず乗務=東海道新幹線の運転士(時事通信)
家庭で環境に良いことを実践しているのは妻がダントツ(産経新聞)
[PR]
by m13f1rpuuk | 2010-01-22 09:56
 第二次世界大戦で亡くなり、今も戦地に残る戦没者の遺骨収集について考えるシンポジウム(産経新聞社主催)が19日、大阪市中央公会堂(同市北区)で開かれ、約1千人が参加。遺骨収集に取り組むアルピニストの野口健さんらが収集事業の現状や課題について意見を交わした。

 遺骨収集をめぐっては、本土以外での戦没者240万人のうち、現在も100万人以上の遺骨が未帰還。昭和27年度に始まった国の収集事業も、関係者の高齢化や情報の減少で近年は収集数が停滞している。

 フィリピンでの遺骨収集を行うNPO法人「空援隊(くうえんたい)」の活動に参加する野口さんは、収集が進まない現状について「遺骨収集イコール戦争美化につながるとして避けてきた傾向がある」と批判。「国が動かないなら、私たちが動いて国民運動化しなければ」と訴えた。

 同隊は昨年、独自に調査した8675人分の遺骨を収集。倉田宇山理事はゲリラが潜む密林での作業などについて説明。「収集可能な遺骨は3万人分あるのに国は予算を出せないという。なぜ遺骨を放置するのか」と悔しさをにじませた。

魁皇に顕彰を検討 平野博文官房長官(産経新聞)
「酒に酔って魔差した」巡査長がアイス5個万引(産経新聞)
陸山会、石川氏事務所、鹿島…特捜部係官が次々と 土地疑惑で捜索(産経新聞)
<女性死亡>車ではね引きずった疑い、58歳男逮捕 大阪(毎日新聞)
<自民党>外国人の選挙権は反対方針(毎日新聞)
[PR]
by m13f1rpuuk | 2010-01-21 16:17
 夜の疲れた女性の顔は、朝の顔から5歳老けて見えると思う男性が全体の約4割―。ジョンソン・エンド・ジョンソンが1月13日、こんな調査結果を発表した。同社では、目の下のクマなど「疲れ目」が女性の見た目年齢の上昇に関係しているとして、目のケアの必要性を指摘している。

 調査は昨年12月、インターネット上で実施。20-34歳の男女612人(男性102人、女性510人)から回答を得た。

 それによると、男性にとって初めて会った女性の顔で印象に残るパーツは(複数回答)、「目」が88.2%で最も多く、次いで「髪」54.9%、「肌」31.4%、「くちびる」27.5%、「眉」11.8%、「鼻」9.8%の順だった。
 また、「朝の女性の顔と、夜の女性の疲れた顔では何歳ぐらい違う(老けて見える)と思うか」と聞いたところ、「5歳」が36.3%で最も多く、以下は「3歳」27.5%、「差を感じない/幼く(若く)感じる」13.0%、「4歳」10.8%、「1-2歳」9.8%、「10歳以上」2.0%、「7歳」1.0%だった。
 さらに、女性の顔で疲労感を感じるところについては(複数回答)、「目の下のクマ」55.9%、「荒れた・乾燥した肌」44.1%、「はれぼったいまぶた」26.5%、「充血した目」25.5%、「荒れたくちびる」17.6%などが多かった。

 一方、女性に対して朝と夜の見た目年齢の差について聞いたところ、「1-2歳」が30.2%で最も多く、次いで「3歳」25.1%、「差を感じない/幼く(若く)感じる」20.2%、「5歳」16.5%、「4歳」3.1%、「10歳以上」2.2%、「6歳」2.0%、「7歳」0.8%の順だった。

 同社では、「目に負担をかけない7つの習慣」として、▽パソコンの画面と目の距離を50-70cmに保ち、視線がやや下向きになる位置にモニターを置く▽1時間ごとに10分程度の休憩を取って目を休ませる▽目の渇きを感じたら、10回ほど強くまばたきをするか、目薬を1、2滴差す▽目薬・洗眼液は使い過ぎないように注意する▽小まめに水を飲む▽デスクワーク用の眼鏡やコンタクトレンズは、度数が強過ぎないものにする▽コンタクトレンズは酸素透過性の高いものを使い、目が痛い時や充血した時には外す―を紹介している。


【関連記事】
「包括的眼科検診」の受診、日本は3割以下
日食観察で目に障害、報告13例
国内の視覚障害者数は164万人―日本眼科医会
「ドライアイは病気」対策を呼び掛け
目の定期検査、「アラフォー世代」の受検率9.2%

「河野太郎総裁」なら離党しなかったかも(産経新聞)
ホットラインやっと全国稼働=共通番号で相談受け付け−消費者庁(時事通信)
理科実験中に爆発 豊島区の巣鴨高で11人けが(産経新聞)
iPS細胞の誕生過程撮影=メカニズム解明に前進−作成効率向上へ貢献期待・放医研(時事通信)
後納期間10年に延長=国民年金保険料、法案提出へ−厚労相表明(時事通信)
[PR]
by m13f1rpuuk | 2010-01-20 22:37