ベビーシッター、たまにはまったり行きましょう


by m13f1rpuuk
 法務省は3日、殺人罪の公訴時効廃止などを盛り込んだ刑事訴訟法改正案を来週にも閣議決定する方針を明らかにした。同日、与党議員が集まる政策会議で法案の概要を説明。大きな異論はなく、法案提出の条件が整ったと判断した。

【関連ニュース】
公訴時効:殺人での「廃止」などを法相に答申 法制審
殺人時効:廃止答申へ 今国会に法改正案
宙の会:1周年集会開く 時効廃止に向け被害者遺族ら訴え
公訴時効見直し:公布の日に施行 法務省、改正案概要提示
内閣府世論調査:殺人の時効 25年は「短い」が過半数に

<職員の名誉棄損>教育心理学会の元理事長ら敗訴 東京地裁(毎日新聞)
政調復活目指し41人結集=安住、生方氏ら民主有志(時事通信)
<著者インタビュー>鬼塚忠:「本当に幸せな家族なんていない。だから家族を描きたかった」 小説「カルテット!」(毎日新聞)
<のぞみトラブル>オイル漏れ感知せず(毎日新聞)
首相動静(3月2日)(時事通信)
[PR]
# by m13f1rpuuk | 2010-03-06 14:24
 新型インフルエンザの発生初期段階で、全国の保健所職員が平均で1人当たり計33人の帰国者の健康監視と、計180件の発熱相談に対応していたとの調査結果を、厚生労働省の研究班がまとめた。渡航歴のある人への厳格な対策が人員不足を招き、結果として国内集団発生への対応が遅れたと総括している。

 昨年8月、全国510保健所に送ったアンケートの回答(回収率65%)から推計した。

 国は発生初期、発生国からの帰国者全員に最大10日の健康監視を続け、インフルエンザ症状が出た場合は保健所の発熱相談センターに電話するよう呼び掛けた。研究班によると、この結果、3000人の保健所職員が10万人の健康監視に当たり、5000人が10万件の発熱相談を受けた。93%の保健所は土日出勤で連日対応、6割以上が「医師や保健師の人数が不足していた」と回答した。【清水健二】

【関連ニュース】
新型インフル:余るワクチン 欧米でWHO非難も
インフル:受診者数、注意報レベルを下回る 全都道府県で
新型インフル:12日から輸入ワクチン出荷 安全調査開始
新型インフル:ピーク過ぎたか…WHO、23日に判断
新型インフル:流行で急性脳症が急増…5〜9歳を中心に

<鳩山首相>小沢氏と参院選に向け会談(毎日新聞)
織田作之助賞 中丸さんらに賞状と副賞 大阪で授賞式(毎日新聞)
熱戦!なーんちゃってカーリング(産経新聞)
<雑記帳>しょっつるパン発売 秋田(毎日新聞)
<ゴールドディスク大賞>洋楽はビートルズ 邦楽は「嵐」(毎日新聞)
[PR]
# by m13f1rpuuk | 2010-03-04 22:49
 幸運の神様ビリケンも真央にエール―。大阪の観光名所・通天閣(大阪市浪速区)では25日、バンクーバー五輪・女子フィギュアスケートで逆転金メダルを目指す浅田真央(19)を、とんがり頭の幸運の神様・ビリケンとともに応援する緊急企画を始めた。

 必勝はちまきにたすきをかけ、日の丸をあしらったビリケンの足下には、真央のスケート靴とサイン。通天閣観光営業部の澤田伸主任(37)によると、きっかけは客から「ビリケンは真央ちゃんを応援しないの」と声が上がったこと。真央の衣装を担当する大阪・羽曳野市の会社「マックス繊維」と、偶然にも取引関係にあったことから依頼してみたところ、真央が2年ほど前に使用していた靴を快く貸し出してくれたという。

 この日夕方に届いた真央の靴は、早速“奉納”され、観光客の評判は上々。新潟市から卒業旅行で訪れた大学生の中村侑子さん(22)は「SPも見てました。金妍兒にかなうのは真央ちゃんだけかな」と分析。友人の大学生・水藻佑花さん(22)と「もちろん金メダル、期待してます!」と声をそろえていた。



 【関連記事】
イチロー、真央上回ったヨナに驚き
新選組リアン、真央から勇気もらった…新曲発売イベント
3回転半決めた!真央「気持ちが楽」金へ4・72差…フィギュア
真央のパワーの源は294円の「どて煮」…フィギュア
ビリケン 浪速区 バンクーバー五輪 を調べる

昨年の大麻検挙者2931人、過去最高 覚醒剤密輸は前年比倍増(産経新聞)
日赤、ハイチ大地震活動報告(産経新聞)
避難時期、「自分で判断」は2割=豪雨災害世論調査(時事通信)
悪質な家賃取り立てに罰則 賃借人保護法案を閣議決定(産経新聞)
寛永通宝 地域通貨で使用へ 香川・観音寺市で計画(毎日新聞)
[PR]
# by m13f1rpuuk | 2010-03-03 12:07

菅原良

菅原 良(すがわら りょう、1965年 - )は、教育学者、教育工学者、起業戦略コンサルタント。専門は、教育工学、教育情報学、教育方法学、学習科学、学習環境デザイン、eラーニング設計。eビジネス,ウェブマーケティングコンサルティングの第一人者。講演、雑誌インタビューなど多数。略歴東北大学大学院教育情報学教育部博士課程修了。博士(教育情報学)。2002.4~2009.3 東北学院大学経済学部経済学科2009.4~2010.3 仙台青葉学院短期大学キャリアデザイン学科2010.4~所属学会日本教育工学会教育システム情報学会コンピュータ利用教育協議会パーソナルコンピュータ利用技術学会(理事)著書『eラーニングの発展と企業内教育』、大学教育出版、2005.9:日本に本格的にeラーニングが紹介されたのは2000年前後とされているが、2000年以後の発展過程がよく整理されている。初期のeラーニングを概観したい人にはおすすめ。様々な業種の企業内教育担当者へのインタビューが多数掲載されているところが当時の現実をリアルに物語っていて面白い。『ネットショッピングと消費行動のパラダイム』、大学教育出版、2006.3『eラーニングと学びの理論』(出版予定)訳書R.M.ガニェ(著)、岩崎信(監訳)、鈴木克明(監訳):『インストラクショナルデザインの原理』、北大路書房、2007.9D.チョンシー(著)、辻谷真一郎(翻訳)、菅原良(監訳)、柳澤奈津子(編集) :『企業研修トレーナーのためのインストラクショナルデザイン』、大学教育出版、2008.6S.M.ダウニング(著)、T.M.ハラダイナ(著)、池田央(監訳) :『テスト作成ハンドブック』、教育測定研究所、2008.12『eラーニング構築ハンドブック』(出版予定)※ 部分翻訳を含む。論文2004年菅原良・村木英治「今日のeラーニングにおけるInstructional Design(ID)の理論的再検討」教育情報学研究,第2号,pp.131-1422005年菅原良・村木英治「eラーニングにおけるインストラクショナルデザインの構築とその問題点」パーソナルコンピュータユーザ利用技術協会論文誌,Vol.16,No.1,pp.9-18菅原良・村木英治「企業内教育におけるeラーニングの活用‐人事教育担当者に対するインタビュー調査に基づいて‐」日本教育工学会

<日韓外相会談>日米韓連携強化などで協議(毎日新聞)
虐待防止へ親権一時停止制度など提言(読売新聞)
<地震>福島、茨城などで震度3=午後6時53分(毎日新聞)
「派遣村」元村長の湯浅氏、内閣参与辞任申し入れ(産経新聞)
操縦免許置き忘れで3便遅延=羽田−ソウルの全日空便(時事通信)
[PR]
# by m13f1rpuuk | 2010-03-02 04:10
 24日(現地時間23日)のバンクーバー五輪フィギュアスケート女子ショートプログラムで2位発進となった浅田真央(19)は、行きつけの整体院「龍生堂」(名古屋市)で、通常のスポーツ整体と別に、謎の“小顔マッサージ”を受けていた。顔を引き締め、美しく見せるだけでなく、実はジャンプの回転のキレにも効果があるという小顔治療。どんな施術なのか、実際に施術してもらい、探った。

 真央が、“個人トレーナー”ともいえる龍生堂の呉藤龍生(ごとう・たつお)院長(43)のもとに通い始めたのは、04年の初夏から。昨年12月29日には「全身に筋肉痛と疲れがたまった状態」(院長)で訪れ、2時間近くかけ体をオーバーホール。また、五輪直前の1月16日と23日にも最後の手入れを受け、「金メダルを取ってください」という院長のエールに、笑顔を見せていたという。

 筋肉をほぐし、疲労をとるスポーツマッサージを受けることが多いが、「おととしの秋からは、小顔のマッサージも受けていかれます」と院長は明かした。エステのメニューにあるような“小顔法”? アスリートと縁がなさそうだが、院長は「スケートとも関係があります」とアピール。一体、どんなマッサージなのか。院長に無理を言い、アラフォー男の記者が、同じコースを体験させてもらった。

 「男性にやるのは初めてです」と院長は苦笑する。まずうつぶせになり、首、後頭部、背中のバランスを矯正。さらに頭部のマッサージを受ける。続いて秘密兵器の「吸い玉」が登場。真空にしたガラス球で顔をカポカポと吸ってもらう。「むくみを取る効果がある」とか。さらにお灸(きゅう)。熱くはなく気持ちいい。これは「あごの関節の炎症をとるため」。最後に顔全体を力強く入念なマッサージ。首から上がスッキリした感覚があり、間違いなく顔の血行はよくなった。ちなみに約60分で6000円だ。

 首や頭部のバランスを矯正することで「ジャンプの回転がよくなる」と院長。軸がブレないということか。さらに顔が引き締まり、りりしく見えることで「受けた後は、真央ちゃんは自信を持ってリンクに立ってますね」と力説する。昨年10月にも小顔術を受け、喜んで帰ったという。

 この日は、忙しい仕事のかたわらテレビ中継に見入り、拍手を送った。「まだフリーで逆転できますよ」。帰国したら、真央の疲れをほぐしてあげたいという呉藤院長。その首には、金メダルがかかっていることを信じている。

 【関連記事】
真央、ヨナの前で完璧ジャンプ!32回ノーミス…フィギュア
幸夫人もエール「真央ちゃん美姫ちゃん鈴木さん頑張って」
真央に「2並びの郵便局長」がエール…フィギュア
真央「金」に先手!ヨナの直前滑走で宿敵に重圧かける…フィギュア

【土・日曜日に書く】論説委員・石川水穂 中国への歩み寄りは無意味(産経新聞)
児童買春で外科医長ら逮捕=「性欲満たすため」−神奈川県警(時事通信)
日本郵便の宅配事業見直し認可へ=総務省(時事通信)
成田「団結小屋」撤去と土地明け渡し判決(読売新聞)
雑記帳 スピードの加藤選手の母校 センバツに初出場(毎日新聞)
[PR]
# by m13f1rpuuk | 2010-02-28 09:11